藤井厳喜氏大いに吠える アメリカ民主政治がピンチ=世界の民主政治がピンチ 信教、言論の自由がピンチ

不正をどこまで正すことができるのか。
投票の方の不正も、数える方の不正も両方あるわけですよ。
ネバダでは投票の共和党の立会人ができない。
一切検証もできない。
南北戦争以来の国家アメリカの最大の危機だと思います。
南北戦争のときは連邦を維持できるかどうかという危機だったが。
今回は、民主政治の根幹ですよ選挙というのは、
民主政治がちゃんと維持できるのかどうか。
不正選挙になったら民主政治じゃないから。

アメリカ人は中南米の独裁者の国を
バナナリパブリックって言って笑ってきたんだけど
アメリカの友人たちも、ロシア疑惑のときから
アメリカがバナナリパブリックに なっちゃった。
だって、ちゃんとして選ばれた大統領を
大手メディアと民主党とそれと一部の官僚(CIAやFBIの一部)
引き摺り下ろそうと画策して
非合法なクーデターをやっていたのがロシア疑惑ですよ。
無罪になったわけでしょ。
今度は不正選挙で大統領を引き摺り下ろそうというわけだよね。
アメリカの民主政治の最大にピンチだと思いますよ。
トランプは今回内戦を戦っていると言っていたが、
大げさな表現じゃないということが
今回の選挙の混乱で分かったと思うんだよ。
民主党は不正なことをやって、
民主政治の正当性、権力の正当性を担保しているのは選挙でしょ、
選挙が公正じゃなかったら民主政治の根幹が崩れちゃうわけですよ。
たいへんなピンチですよ。

アメリカは1620年にメイフラワー号で
プリグリムファーザーズが来て以来
素晴らしい歴史で、
民主的な共和国を築いてきて
世界で最大で最強国家になったのに、
それを自ら否定するような人たちが内部に生まれている。
単独じゃなくて 外部に中国共産党という勢力があって、
その侵食を受けているわけですよ。

覚えておいて欲しんだけど、
バイデンさんは自分の言っている政策が
成功する必要はないんです。
アメリカを混乱させればいいいんです。
バイデンは二期目はないと自分でも言っている。
自分が捕まらなければいいんですから。
彼を買収した中国共産党からすれば
アメリカを混乱させて弱体化すればいいんですよ。
彼が言ったことが実現して
アメリカがいい国にならなくてもいいんですよ。
これがバイデン政権の正体です。

とにかく正当な選挙を取り戻すように。
アメリカの民主党というのはここまで腐っていたのか
ということがつくづく感じますよね。
民主党の中からこんな不正選挙はダメだと言う人たちが、
下のレベルでは出てきていますが、
もっと上のレベルで出てきてくんないのかなと。
不正を暴露する人が出てこないとアメリカの民主政治のがピンチ。
アメリカの民主政治がピンチということは
世界の民主政治がピンチなんですよ。
今ソ連に代わって中国共産党が
世界の民主政治の最大の脅威でしょ。
一番前に立ちはだかって
中国共産党の帝国主義、植民地主義に対して
戦ってくれているのがトランプのアメリカだったわけですよ。
アメリカが自由な民主政治を守る盾になってくれなければ
世界の民主国家はピンチですね。
僕ね、今回の選挙で感動したことがあって、
アーミッシュピープル(移民当時の生活様式を保持し、
農耕や牧畜によって自給自足生活をしている)
呼ばれている人たちが、今まで政治に関わりたくない
と言って投票しなかったが、20万人ぐらいいるんですが、
田舎から出て生きて初めて投票すると。
バイデンになったら信教の自由が奪われてしまうと。感動した。
絶対トランプが勝つと思った。
ニューヨークのユダヤ教の正統派の人たちが
集会ができない禁じられてる怒って
トランプ支持だと言って出てきている。
信教の自由、言論の自由のために作ったような国でしょ。
アメリカ人が苦労して。
400年の歴史が覆されるんじゃないかという危機感がある。
中国なんていうのは古代奴隷制国家のままですから。
政治体制は。信教の自由もないし法治主義もないんですよ。
我々が信じている近代の価値観がピンチなんですよ。
最大の守り手であるアメリカでピンチなんですよ。
世界の信教の自由、言論の自由がピンチだということです。 

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー