学術会議問題新事実「官房副長官の杉田さんが国会でぶちまけちゃってもいいんですか?」

<野党、杉田副長官の国会招致要求>
 立憲民主党の安住淳国対委員長は14日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、菅義偉首相が日本学術会議の新会員候補6人を任命しなかった問題に関して、杉田和博官房副長官を国会招致するよう求めた。杉田氏は新会員の任命にあたり、105人の推薦者名簿から6人を除外する作業に関わったことが明らかになっている。だが、森山氏は事務の副長官の国会招致はほとんど前例がないと指摘し「慎重であるべきだ」と否定的な見解を示した。
 安住氏は会談で、26日に召集する臨時国会での予算委員会の開催を要求。そのうえで「当事者である杉田氏に国会に出てきてもらってお話を聞かせてもらいたい」と求めた。それに対して森山氏は「事務の副長官が国会に出てくるのはあまり前例はない」と突っぱねたが、安住氏は杉田氏が内閣人事局長も兼務していることを挙げ「参考人として国会に呼べる立場にある」と主張した。
 安住氏は会談後、記者団に「民主主義の根幹に関わるような人事に関わっているなら説明する責任がある」と述べた。森山氏は記者団に杉田氏の出席について、加藤勝信官房長官らが国会答弁に立つことも挙げ「事務の副長官が国会に出てくるのはまれだ」と強調し、慎重な姿勢を示した。
 ただ、立憲の蓮舫代表代行も記者会見で6人の除外に関し「杉田氏が人選に関与していたのか。違法行為があったのか。ここに尽きる」と杉田氏の説明責任を強調しており、野党は杉田氏の国会招致を強く求める方針だ。
 政府は菅首相が事務方の判断を踏まえて任命したと説明しており、政府関係者への取材で事務方トップの杉田氏が事前の判断に関与したことが明らかになっている。杉田氏は警察庁出身で、2012年の第2次安倍内閣の発足から官房副長官を務めている。

毎日新聞
杉田和博官房副長官

<虎ノ門ニュースでの有本氏の発言>
有本:杉田和博さんが取りまとめをしたのが
   大問題のように毎日新聞が報じたわけですね。
   加計学園のときの当時の官房副長官萩生田さんが
   あたかも重要なことを握っていたかのように
   印象操作してたのと構図としては同じ。
   野党側が勘違いしてはいけないのは、
   萩生田さんはキーパーソンではなかった。
   杉田和博さんというのはどういう人かというと、警察庁、公安出身。
   この人がいろんなことを握っている。
   権限を握っているというわけではなくて
   情報を持っているということです。
   前川喜平が違法な天下り斡旋に手を染めたということで
   辞職を迫られることになる。
   このときに、官邸の中には前川さんも長年頑張ってくれたんだから、
   もうちょっと優しくね、処分するというのではなく、もうちょっと
   どうにかならないのと持っていた人がいたが、
   例の出会い系(ラブオンザビーチ)、そういった不適切な
   お店に行っているという情報がありますよと
   示したのがこの人(杉田和博さん)。
   天下りの問題発覚の半年以上も前から杉田さんは掴んでいた。
   これはえらいことだと。警察があのお店をマークしていた。
   反社の資金源になっていただろうと思われるお店。
   単純に女性のいるお店に行きましたという話じゃないんですよ。
   複数回公用車で訪れているという事実を杉田さんは
   半年前から掴んでいた。非常に問題だと認識していた。
   日本人が中東で人質になった問題でも、
   杉田さんが持っている情報が
   人質救出に役にたったりしているんですよ。
   日本には諜報機関がないと言われていますが、
   諜報機関出身の官房副長官なんです。
   官房副長官ですから、総理が最終的に任命すると言っても、
   側近が取りまとめするというのはおかしなことではなく、
   しかもそれを杉田さんが取りまとめに関わっていて、
   杉田さんからこの人はちょっとというような話があったとすると、
   これはちょっと重大な話なんですね。
   野党は杉田さんを国会に呼べと言っていますが、
   呼んじゃって良いんですかという話ですよ。
居島:さらにマグマが噴出する可能性も…
有本:学術会議問題は構図としては森加計桜と似たようなところ、
   問題でないことを問題だと大騒ぎしている面があるけど、
   それよりも、野党や一部メディアが騒げば騒ぐほど
   学術会議そのものの問題点、学術会議の闇が
   表に出ますよという話
なんですよ。
   返り血を浴びる人はむしろ学術会議の関係者に多い
   じゃないですかという話ですね。
居島:究極のやぶへびですね。
有本:杉田さんが絡んでいるということは公安系の情報ですよ。
   国会でぶちまけちゃって良いんですかねって話になると思います。
   今回の任命拒否問題というのは、ただ単に学術会議の仕組みを
   菅政権側がぶっ壊そうというよりは、本当に問題があって、
   任命拒否された方々個人が意識していたどうかもわからない。
   つまりどういうことかというと、その方たちが危ないことを
   やっていたというよりは、知らないまま非常に危ない人と
   接点を深く持っちゃってたとか、そういうことが考えられる。
   杉田官房副長官が関わっているということは
   間違いなくそういった公安系の情報とのからみ。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー