北朝鮮ミサイル、EEZ落下=潜水艦から発射か-日米韓揺さぶりも  

 北朝鮮は2日、日本海方向へ弾道ミサイルを発射した。
 島根県島後沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と推定され、非核化をめぐる米国との実務協議を5日に控えて、日米韓の連携を揺さぶる狙いがありそうだ。日本政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議した。
 ミサイル発射を受け、安倍晋三首相は記者団に「国連決議違反で、強く非難する」と語った。政府は国家安全保障会議(NSC)を開いて情報を分析した。
 北朝鮮の弾道ミサイル発射は9月10日以来。
 日本政府によると、今回は2日午前7時10分ごろ、北朝鮮東岸から東方向へ発射され、同27分ごろに島後沖の北350キロの海域に落ちたとみられる。日本のEEZ内への落下は、2017年11月以来、ほぼ2年ぶりとなる。
 当初、発射は2発と発表し、その後に修正した。ミサイルは1発で、二つに分離し、一方が日本のEEZ内に落下したという。河野太郎防衛相は、ミサイルが通常より高い角度の「ロフテッド軌道」で発射されたとの見方を示した。航空機や船舶への被害は確認されていない。
 一方、韓国軍などによると、発射場所は北朝鮮東部・江原道元山の北東沖約17キロの海上で、最大高度は約910キロ、距離は約450キロだった。SLBMの「北極星」系列と推定している。潜水艦からの発射の場合、兆候の把握が困難で、脅威の度合いは強まる。洋上の発射装置から打ち上げたとの情報もある。 

時事通信

日本全域射程の新型か、北朝鮮 SLBM2千キロも、脅威顕在化

【北京、ソウル共同】北朝鮮が2日、東海岸付近から発射した弾道ミサイルは潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられ、約450キロ飛行した。特殊な軌道で飛距離を抑えたもようで、日米韓の専門家らは、実際の射程は日本全域を攻撃可能な約2千キロに及ぶ恐れがあると分析。過去に発射したSLBM「北極星」(射程千キロ以上)を改良した新型の可能性がある。
 SLBMは発射兆候をつかむのが困難とされ、北朝鮮の能力向上で日韓の安全保障上の脅威が新たに顕在化した。ただ、米CNNは米政府当局者の話として、潜水艦からではなく、沖合の海中に設けた発射台から発射したと報じた。

共同通信

北ミサイルは「準中距離の新型SLBM」 防衛相が公表

 河野太郎防衛相は3日夕、防衛省で記者団に、北朝鮮が2日に発射した弾道ミサイルに関し「新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる」と述べた。「通常の軌道で発射すれば、射程は最大2500キロに達する準中距離弾道ミサイルの可能性がある」との分析結果も明らかにした。
 今回発射した弾道ミサイルは、液体燃料に比べて発射準備時間が大幅に短くて済む「固体燃料推進方式」であるとも説明。発射場所は北朝鮮東部の元山沖だが、実際に潜水艦から発射されたかどうかは「さらなる分析が必要だ」と述べた。

産経新聞
スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー