イチロー氏、今オフ草野球デビューへ! エース兼監督兼オーナー、神戸で伝説第2章

 今年3月にマリナーズで現役を引退したイチロー氏(45=現マ軍会長付特別補佐兼インストラクター)。今オフ、草野球デビューすることが16日(日本時間17日)分かった。
 現役時代に自主トレをサポートしてくれた友人たちとチームを結成。ほっと神戸で智弁和歌山の関係者チームと対戦する。また、将来的には草野球リーグを設立したい考えも明らかにした。
 シアトルで14日に「引退セレモニー」を行ったイチロー氏
「もう一度、純粋に楽しい野球がしたい。ある程度、プロの世界でやった人間、時間をかけて結果を残してきた人間はみんなじゃないと思うけど、そこに戻りたいという人は結構いると思う」。そう語るイチロー氏の目は少年のように輝いていた。
 自らオーナー兼監督兼エースを務め、現役時代に神戸市内での自主トレをサポートしていた友人らで構成される。野球経験者もいるが、ほとんどは素人で「今、ルールブックを買って勉強している人もいる」と言う。チーム名は「KOBE CHIBEN」。始まりは、今夏甲子園でも星稜と激闘を繰り広げた高校野球の名門・智弁和歌山との縁だ。
 昨年11月、自主トレの拠点としているほっと神戸で行われていた近畿大会の明石商戦をたまたま観戦し、ブラスバンドを中心とした応援に感銘を受けた。その後、同校の藤田清司理事長へのあいさつを兼ねて訪問。
 記念すべき初戦の相手は、藤田理事長がイチロー氏と対戦するためにつくった教職員を中心とする草野球チーム「和歌山智弁」。「初めての試合はそことやりたいと。ユニホームは白地にハイネックで、僕がデザインしました。格好いいですよ。僕らのチーム名に漢字を使わないのは、相手方への敬意です」。軟式球を使用し年内にほっと神戸で行われることが決まった。
 イチロー氏の夢はそれで終わりではない。「僕は草野球でもしょうもないグラウンドでやりたくない。だから将来的にはリーグをつくりたい。全国から集まったチームが神戸で決勝戦をやる。草野球だって立派な野球。その人口が増えるのは野球界にとってマイナスではない。子供たちを連れてきてもいいし、僕のプレーが見られたらということもあるじゃないですか。いろいろな可能性がある」
 純粋に野球を楽しみたいという思い、そして日本球界への恩返し。日米通算28年間、計り知れない重圧や前人未到の記録と闘ってきたイチロー氏の野球人生第2章が今オフ、幕を開ける。

スポニチ

引退が報じられた時、
松井選手のとき同様、
一つの時代が終わったんだなという寂しでいっぱいだったが、
このようなニュースが伝わり嬉しく思います。
超VIPであるにも関わらず草野球とは。
やっぱすげー。
イチロー選手らしいけど。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー