かんぽまたやらかしたか?「アフラック株下落-日本郵便、かんぽ生命の委託販売で二重徴収・無保険約」 株価底なし 安値更新中

 21日の米株式市場でアフラックの株価は5.6%下落し、昨年1月12日以来の大幅安となった。日本郵便がアフラックの委託を受けて日本国内で販売するがん保険で、二重払いや契約者が一時的に無保険状態にあったケースは2018年5月-19年5月で約10万4000件に上ると判明したことが嫌気された。
 アフラックはブルームバーグ・ニュースに寄せたコメントおよび米証券取引委員会への届出書で、日本郵便を通じた販売については、7月26日の決算に関する電話会見で述べた通り「厳格な」自主的見直しを実施していると説明。自社のコンプライアンス基準と合致しない慣行が明らかになった場合は、直ちに是正に向けた必要な措置を講じるとした。
 モルガン・スタンレーのアナリスト、ナイジェル・ダリー氏はリポートで、今回のニュースはアフラックにとって「大きなマイナス」となる可能性があると指摘。日本郵便を通じた将来の販売に少なくとも短期的に「重く響く」恐れがあるとした。日本全国でのアフラックの「価値あるブランド」にダメージを与える得るため、日本郵便以外のチャンネルを通じた販売にもマイナスの影響が及ぶ公算が大きいと分析した。
 エバコアISIのアナリスト、トーマス・ギャラガー氏は、少なくとも状況が改善されるまでは日本郵便を通じたアフラック保険商品の販売が停止されても驚きではないと指摘した。

Bloomberg

底なし状態になるのか?
本日の株価は、−22の1510円
1500円切りそうだし
騒ぎが収束するまで下降トレンドで
どこが底か見当がつかない。

アフラック:かんぽ委託でも二重払いなど2600件
8/23(金) 20:01配信
 かんぽ生命保険<7181> が、アフラック生命保険の委託を受けて法人向けを中心に販売したがん保険をめぐり、保険料の二重払いや一時的な無保険が約2600件発生していたことが23日、分かった。先に判明した日本郵便と同様、コスト増などへの懸念から、新契約への乗り換えに伴う二重払いを防ぐ新制度を導入せず、放置していた。 

時事通信

8/23終値 −17の1493円。上場来安値更新。
8/26終値 −27の1466円。上場来安値更新。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー