6/6のアサカ理研に見られる 下げのパターン

分かっているのに逃げれなかった。
昨日stop高、そして今日の朝+350 (2350)も上げたから
崩れ出したらグズグズにきっとなる、と。
アメリカのレアアース問題が頭に引っかかっていたのかもしれない。
あと1円のところで約定できなかったのも痛い。
過去にもメッタップスかなんかで同じ経験が。
損切りできないままずるずると奈落の底へ。
アホ、アホ、アホ。
よくあるパターンです。

落す→
ちょっと上げる、リバウンドするよという見せかけ
  →さらに落す。

その連続でした。
もう上げるだろう、もういいだろうという心理の裏をついてきます。
誰がやっているんだ、コラ!
みなさんはこのパターンが来たら逃げてください。
または空売りを。
今日の値幅は2350−1854=約500
すげー上げた後のマイ転もよくあるパターンです。
ナンピンするときはお気をつけください。

スポンサーリンク
スポンサー




スポンサー




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー